古本買取の基本の流れ

共有

古本を高価買取してもらうには

楽しく読み終わった本、掃除をしていたら出てきた見たこともない古本、高価で買取してもらえたら嬉しいですよね。 古本を買い取る業者さんには、どういう本をどういう価格で買取するかという基準があるんです。 その基準をスッキリクリアして、高価で買い取ってもらいましょう。 大手チェーンなどの最近の古本、新古書を扱うお店の場合は、とにかくキレイであること、これが何より重要です。 ベストセラーで、一気に古本として出回った本などは、キレイなものは古書店でも高く売れます。 購入した状態にできるだけ戻す。汚れは取る。歪んでいたら、重しを置くなどしてゆがみをとる。帯は必要ありません。 さて、よく売るのは新古本だと思いますが、家の奥から見たこともない古本が出てきたら、売る相手は変わってきます。 大手チェーン店ではなく、Amazonマーケットプレイスなどのネット上や、チェーン店ではない古書店など、本そのものの価値を見てくれるところのほうが高く売れる可能性があります。 本をキレイにするのはもちろん基本ですが、この場合は帯があったほうがいい場合があります。 そして、その本がいくらくらいの価値があるものなのか、ネット検索で調べてみましょう。 もちろんその価格は販売価格ですから買取価格よりは高いですが、ある程度の目安になります。 もし、価値がありそうなら、ネット古書店やAmazonマーケットプレイスなど、本の価値で買い取ってくれそうなところを探しましょう。 もし値段を気にしないのであれば、大手チェーンへの持ち込みや、宅配時買取、出張買取を利用すると一気に本を手放すことができます。ただし、買取対象外の本はどこのお店にもあるので、しっかり確認しましょう。

古本の買取査定時に必要なこと

必要な本をひきとってくれる古本買取は資源の有効活用であるとともに、私たちのお財布にも嬉しいシステムとなっています。 頻繁に本を購入する人にとって古本買取依頼は慣れた作業かもしれませんが、初めての人にとってはどう準備すべきなのか悩んでしまうかもしれません。より効率よく、できるだけ高額に査定してもらうために準備しておくことはあるでしょうか。 繰り返しになりますが、まず古本といえども基本的に綺麗な状態であることが望ましいとされます。日焼けしてしまっている場合などは対処しようがありませんが、今後のことも考えて直射日光のあたらない、暗くて湿度の低いところに保管するような習慣をつけるようにしておくことをおすすめします。時間があるときには一冊ずつ中をぱらぱらと確認して、ゴミや不要物、しおりなどが挟まっていないかどうか確認します。そして表紙のホコリを乾いた布でふき取ってメンテナンスしてあげましょう。この時にぬれた布で拭いてしまうと表紙同士がくっついてしまい破損の可能性が高まりますから決してしてはいけません。もし購入時に本屋さんでサービスとしてつけてくれた紙のブックカバーがついたままであれば、これは外しておくと査定作業がスムーズに進みます。 あとは買取り依頼する本をまとめておきますが、同じタイトルのもの、複数巻があるものはきちんと揃えておくようにしましょう。シリーズ全部がそろっているとまとめて高額で引取ってもらえるケースが高いからです。 あとは古物営業法によって本人確認書類の提出が義務付けられていますので、免許証や健康保険証などを準備しておきましょう

・持ち込み前になるべく綺麗にしておく
・ヴィンテージ本などは高額買取の可能性もあるので、相場を確認しておく
ということが大切だと分かりましたね。
ジャンルごとの高額買取ポイントはこちらの記事にまとめています。古本買取、ジャンル別に高額買取のポイントを紹介

査定の方法比較はこちらの記事にまとめています。本を売るにはどんな方法があるの?

部屋の清掃と古本買取

このコラムで紹介されている汚部屋レベルでいうと、多くの人はレベル1ないしレベル2ではないでしょうか。<参考コラム>汚部屋レベルチェック
本はいつか読むかもしれないという心理から積み上げたまま、本棚に入れっぱなしのままになり、埃の溜まり場になることもしばしば。
お気に入りの本だけ残して、後は読む人のリサイクルに繋げることで、自分にとっても本にとってもいい環境が生まれますね。
既に汚部屋レベルがひどくゴミ屋敷に近い状態になっている人は、買取ではなく処分と清掃が必要なので、本の買取ではなく清掃の業者に部屋ごと整理をお願いするのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です