着物買取りの鑑定時にマイナスになる要因について

Pocket

着物の鑑定では、マイナス要因が多いほど買取価格は下がります。
価格を下げてしまう一番のマイナス要因は、着物の状態です。
染みが酷かったり日焼けをしたりしていると、価格は下がってしまいます。
このポイントは、日頃の管理で防ぐことが可能です。
染みが付いたらすぐにクリーニングをして落とし、直射日光の当たらない場所に保管してください。
また、カビや虫食いなども価格を下げる要因になるので、風通しなどにも気を付けながら保管しなければいけません。
将来着物買取をすることも考えいるなら、着物は適切に管理しましょう。
着物のサイズも、状態とともに並ぶ価格を下げてしまう大きな要因です。
サイズが大きい場合は、小さく仕立て直すことができます。
しかし、サイズが小さい場合には、大きくすることはできません。
そのため、鑑定時には有効的に使えるサイズが大きいものは高額になりやすく、小さいと価格を下げてしまうことになります。
有名作家やアンティーク着物の場合には、高額になると期待するかもしれません。
たしかに希少価値のある場合なら高額になりますが、デザインが個性的過ぎると切る人を選ぶので、逆に価格を下げる結果になります。
最後に購入したときに付属していた保証書などが手元にないと、買取価格は下がります。
購入したときに付属していた端切れや保証書は、大切に保管しておいてください。
たったこれだけのことで、買取価格が低くなるのを防ぐことができます。