データベース管理というと難しい言葉に思われるかもしれないが、意外と日本人を含め我々は、日常的に使っていることを知っているであろうか。携帯電話のアドレス帳や、パソコンの音楽に対するダウンロード仕分けなど、こういうものは全てデータベース管理サービスということで仕分けされている。難しい言い方をしているわけであり、結局は我々のなかでは日常的に、切っても切り離せないものなんだなあというこを、述べていこうと思う。

データベース管理はのちのちひじょうに重要なことだということを知ることになるであろう。自分たちの中で使いやすいようにグループ分けしたり、見やすいように、あいうえお順に並べたりする。自分の中で、どこに何をしまったかということが、後々分かりやすいようにするために分類するということは、データベース管理の役割ともいえよう。クラスわけや、成績順に振り分けて見やすいようにするのもデータベース管理があってのことである。

データベース管理は、コンパクトディスクなどのデジタル化したものを、すばやくみたい場所に照準を合わせて、すぐ呼び出すことができるのも、このことがあってのことだ。コンパクトディスクが出現する前には、カセットテープがメジャーであった。カセットテープはアナログで自分の呼び出しやすいところにはすぐにはたどりつけない。データベース管理をするからには、すぐに必要なものを、探し当てられるようにしておきたいものですね。