データベース管理の重要さ

Posted in 重要 | No Comments »

データベース管理というと難しい言葉に思われるかもしれないが、意外と日本人を含め我々は、日常的に使っていることを知っているであろうか。携帯電話のアドレス帳や、パソコンの音楽に対するダウンロード仕分けなど、こういうものは全てデータベース管理サービスということで仕分けされている。難しい言い方をしているわけであり、結局は我々のなかでは日常的に、切っても切り離せないものなんだなあというこを、述べていこうと思う。


データベース管理はのちのちひじょうに重要なことだということを知ることになるであろう。自分たちの中で使いやすいようにグループ分けしたり、見やすいように、あいうえお順に並べたりする。自分の中で、どこに何をしまったかということが、後々分かりやすいようにするために分類するということは、データベース管理の役割ともいえよう。クラスわけや、成績順に振り分けて見やすいようにするのもデータベース管理があってのことである。


データベース管理は、コンパクトディスクなどのデジタル化したものを、すばやくみたい場所に照準を合わせて、すぐ呼び出すことができるのも、このことがあってのことだ。コンパクトディスクが出現する前には、カセットテープがメジャーであった。カセットテープはアナログで自分の呼び出しやすいところにはすぐにはたどりつけない。データベース管理をするからには、すぐに必要なものを、探し当てられるようにしておきたいものですね。

データベース管理システムを一般個人を使う難点

Posted in 難点 | No Comments »

現代では、個人でも企業でも、扱う情報の量がとても大きくなっています。そうした中で、それらの情報をより見やすく、時期ごとに区別する場合などで、データベースと呼ぶ情報整理のシステムを使う場合が多くなっています。また、整理した情報を、後に追加された情報によって紛れ込む状況にならないような、定期的なデータベース管理が不可欠であることも言えます。そうしたデータベース管理において、個人の側として注意する部分などをまとめます。


まず、データベース管理に必要な知識として「1、データベースの作成に関する言語知識」「2、作成するデータベースの形式」「3、データベースに対する、現在または後々で考えられる障害への対策」が主なモノと言えます。1はつまり、コンピュータでデータベースを作成するための言語という基本であり、2は使用用途に応じた、データベースの仕組みを事前に設定すること。3は、データベース作成段階だけで無く、情報を新たに追加する時や災害時などでの、データベースへの影響が該当します。データベース管理を行う時は、これら1から3の要点を抑える必要があります。


では、こうしたデータベース管理を、個人が行う時の難点・注意点は何か、ということを考えます。第1はそもそもの話となりますが「データベース作成に必要な知識量の取得」です。データベースではその言語やセキュリティ対策など、把握する事柄が多くあります。また第2の理由は「管理における煩わしさ」があります。個人によっては、データベース体系に沿う整理や、管理における難しさよりも、多少ごちゃごちゃした状況であっても、その都度データをつくり置きにする方が、後々でデータを探すことになったとしても負担感が少ない、という傾向もあります。万人に通じるデータベースシステム作成は難しいですが、こうした「言語などの枠組みは極力少ない」「作成段階でデータのジャンル候補が判別できる」システムがあると、多少データベース作成時の負担感を減らせるかもしれません。

データベース管理の変遷

Posted in データベース管理 | No Comments »

データベースとは、簡単に言ってしまえばデータの集合体の事だ。インターネットで購入したい品物を様々な条件を検索基準に与えて比較検討したことは誰しもあるだろう。それをウリにしているサイトもある。これは、データベースを格納しているデータベースサーバに、検索基準を与えて抽出作業を行ったということになる。データベースはECコマースを生業としている企業にはなくてはならないものである。また、上に挙げた商品情報もさることながら個人情報等極めて重要な情報も格納していることを忘れてはならない。


データベース管理は、データベースを出来るだけ高速に便利にするためにチューニングをするということが第一に挙げられる。この性能如何によって売り上げが変わる事は想像に固くない。インターネットからデータベースシステムを利用するユーザは短気な人間だけだと思って間違いない。ITに興味がある人間以外の理解などされない。「このサイト、おかしくなっているな」「待つのは面倒だ。他社のサイトに行こう。」という具合だ。のろのろしたデータベースシステム等不要なのだ。遅いまたは重いシステムがデータベースだけの原因とは必ずしも言い切れないが、データベース管理は企業の生命線というのは間違いない。


大企業でない限り、高度なデータベースの資格取得者がデータベース管理者とアプリケーション開発者を兼任する傾向にあるようだ。しかし近年のアプリケーションの機能向上と短納期があいまってデータベース管理の役割も変化をもたらした。ある程度の自動化が出来るようになってきたからだ。この傾向は中小企業のエンジニアには朗報ではないだろうか。